【注意】BroadWiMAXに乗換え契約する人は情弱? 内容を見よう

BroadWiMAX

 

Wimax2がよさそうだけど、Broad WiMAXを契約するのが良いのかどうか考えていませんか?

月額料金が安い、たっぷり使えると宣伝しているので良さそうに見えますよね。

確かにBroad WiMAXは実質の月額料金は最安クラスでスピードも速く、通信量も多いのでオススメ出来ます。

また他にはない「他社の解約違約金を負担してくれる」サービスがあるので他からWiMAXに乗り換えする方に向いています

ただし、契約プランが独特なので気を付けないと5万円以上の損をする情弱になりかねません

そこでこの記事では損をしない契約方法とBroad WiMAXのメリットとデメリットを通信専門の編集部分かりやすくお伝えします。

BroadWiMAXの契約を検討している人はご覧ください。

1.Broad WiMAXとは

broadwimax-top

Broad WiMAXとは「WiMAX2」の電波を使うための20社以上あるプロバイダーの1つで『株式会社リンクライフ』が提供しており、
GMOとくとくBBというプロバイダーと熾烈な1位争いをしています。

「WiMAX2」自体はUQコミュニケーションズというKDDIのグループ会社が運営しています。

そのため、どのプロバイダ―と契約しても回線スピード・カバーしているエリアは同じです。

しかし料金や端末在庫の有無などプロバイダーによって違います。

Broad WiMAXはトップシェアなだけあり、最低料金クラスで色々なサービスをしていますので見ていきましょう。

2.月額料金(価格)は本当に安いのか?

1.主要3社比較(ギガ放題プラン)

最安クラスです。

WiMAXの教科書 | 元WiMAX販売スタッフが説明するWiMAX情報サイト

BroadWiMAX

おとくなプロバイダーとくとくBB byGMO

GMOトクトクBB月額割引

企業情報|【公式】UQコミュニケーションズ

UQ WiMAX直接

実質月額 3,656 3,608円 4,047円

3年間利用した場合の実質1カ月料金((端末代+登録手数料+月額36ヵ月分)÷ 36)(税別)

GMOとくとくBBの方が安いですが、今ならBroad WiMAXは19,000円まで他社からの乗り換え違約金負担があります。

仮に違約金 9,500円を上記から引く

broadwimax monthly price providers comparison

圧倒的な安さです。

他のポケットWiFiから乗り換える人にはお得です。

こちら ↓ をタッチ
broad wimax

2.ギガ放題プラン・ライトプランの月額料金

プラン ギガ放題プラン ライトプラン
月間データ使用量 無制限 7G
初期費用 18,857円 18,857円
※オプション加入で0円 ※オプション加入で0円
事務手数料 3,000円 3,000円
1~2ヶ月目 2,726円 2,726円
3~24ヶ月目 3,411円 2,726円
25ヶ月目以降 4,011円 3,326円
実質費用(3年間) 131,626円 108,336円
実質月額料金 3,656 3,009

データ制限を気にしたくない場合は93%の人が選ぶギガ放題プラン』にしましょう。

ギガ放題プランライトプランも2ヵ月目まで料金が同じで、契約後にプランを変えられるので迷ったらギガ放題プランにしておくとよいです。

 

3.Broad WiMAXのメリット6つ

1.接続スピードが速い

Y! mobile、ソフトバンク、docomoに比べてWiMAXの接続スピードが速いです。

ポケットWiFi速度テストの結果(各場所3回測定の平均値)

ポケットWiFi5社の速度徹底比較|室内外・山手線で計測の結果3回計測の平均(参照:インターネットの教科書https://internet-kyokasho.com/pocket-wifi-speed/

接続が遅くてイライラしたくない人にオススメです。

※THE-WiFi、ギガWiFi、どこよりもWiFi、ポケモバWiFiなど後発の格安ポケットWiFiサービス(クラウドSIMと言います)は上記5社が使い切れなかった電波を使わせてもらっているので、WiMAXよりも遅い仕組みです。

メリット2.すぐに端末を受け取れる(最短即日:店頭受け取り)

最短即日の端末発送

Broad WiMAXは大手なので端末の在庫が潤沢です。

最近はポケットWiFiのニーズ高まっているので、中小代理店だと申し込んだ後から「3週間後に発送」と言われることがあります。

Broad WiMAXであれば申込んだらすぐに受け取ることができます。(最短即日発送

broad wimax gadget arrival

最短当日!!店頭受け取り

実店舗で「当日」端末を受け取り、その日から使うことができます。(申込自体はWEB)

即日発送、店頭受取もできてすぐにネットが使える

店頭で端末を受け取れるプロバイダーはBroad WiMAXだけです。

大都市圏に5店舗あります。

エリア 住所 営業時間
渋谷 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1階 10:00~19:00(日祝休み)
秋葉原 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-11-2 ロック2ビル1F 11:00~19:00(日祝休み)
大宮 〒330-0854埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目1-5 山中ビル4F 11:00~19:00(日祝休み)
梅田 〒 531-0072 大阪府大阪市北区豊崎3-17-9 豊崎旭ビル2階 10:00~19:00(日祝休み)
名古屋 〒 460-0011 愛知県名古屋市中区大須三丁目31番3号(リギルド名古屋本店) 11:00~19:00(水日祝休み)

日曜・祝日は閉まっているので気を付けて下さい。

broad wimax

メリット3.au 4G LTEが無料で使える

山間部や地下鉄などWiMAXの電波が届かない時にau 4G LTE電波が使えます。

smartphone-using-in-subway

au 4G LTEの方が障害物に強く、対応エリアが広いので遠隔地などへ行く時に安心です。

このau 4G LTEが無料で使えるのもBroad WiMAXのメリットです。

メリット4.口座振替で支払いができる

ポケットWiFiの支払いはほぼ全てのプロバイダーがクレジットのみですが、Broad WiMAXでは口座振替が可能です。

クレジットカードが使えない、口座振替が良い方には優れたサービスですが注意があります。

口座振替だと初期登録料18,857円がかかります。

この登録料を避けて口座振替が良い人はBiglobe WiMAXが良いでしょう。

メリット5.キャンセルが可能 (エリアが繋がらない–でも安心)

8日以内の申請で契約キャンセルが可能申し込んだ後で、やっぱり自分のエリアでは繋がらなかった。。

そんな時でも8日以内の申請であれば契約をキャンセルできます

安心ですね^^

メリット6.後から光回線プランに変更/機種変更できる


次のような場合に自宅固定の光通信に「違約金なし」で変更できます

☑引越ししたら遅くなった。
☑自宅での利用がメインになったから自宅で固定が1台必要。
☑もっと大容量で使いたい。

高画質の動画をどんどんダウンロードしたい、ネットゲームをハードにやり込みたい、そんな時でも安心です。

多くの光回線に対応しています。

transfer-to-hikari-broad-wimax

メリット6-2 最新端末に機種変更OK

最新WiMAX端末へWEBでカンタン機種変更!

「3年も契約すると後からもっと速いのが出てくるんじゃ。。」という不安がありませんか?

Broad WiMAXでは2年8ヵ月すると最新端末に機種変更できます。(違約金なし)

※事務手数料3,000円はかかります

こちら↓ をタッチ

4.Broad WiMAXのデメリット3つ

1.3日間のデータ量制限がある

全てのWiMAXプロバイダーに共通している点ですが、1ヵ月で見るとデータ無制限でも3日間で10GB以上使うと1Mbpsまでスピード制限がかかります。

これは極端に多くのデータ量を使う人にそれを許すと、多くの普通に使うユーザーまで繋がりにくくなるからです。

10GBはどれくらい?

WEBページ
2万5,000ページ
youtube rogo YouTube
47時間(標準画質(480p))
amaozn-prime-rogo2 Amazon prime video
25時間
netflix rogo NETFLIX
20時間(画質:自動設定)
skype rogo スカイプビデオ通話
83時間
ズームビデオ通話
7~20時間
ハングアウト ビデオ通話
6~12時間
MicrosoftTeams(チームス)
ビデオ通話 約13時間

逆に言えば上記の範囲内であれば、実質無制限です。

制限がかかった1Mbpsはどれくらい?

○ネット閲覧・SNS・・・問題なし(instagramはやや遅い)
○動画・・・低画質、標準画質は問題なし
○ビデオ通話・・・可能

⇒時々読み込みに時間がかかりますが、上記の使い方では問題ありません。

× 高画質動画の視聴
× 大容量のオンラインゲーム
× 大サイズのダウンロード

⇒これらの使い方は1Mbpsでは難しいでしょう。

※速度制限がかかるのは10MB利用した翌日の夜6時~午前2時まで8時間※

デメリット2.プランが難しい

A.初期費用がある

他のプロバイダーでは発生しない初期費用18,857円が設定されています。

ただし次の場合はかかりません。

☑ネットで申込み
☑クレジットカード支払い
☑オプションに加入

オプションだけ確認します。

初期費用無料のために有料オプション加入が必須

どちらも不要でしょう。

端末が到着後すぐに電話して解約できます。

しかしこれを忘れると3年間で5万円を無駄にしますので、スマホのリマインダー設定、カレンダーに書いておく、などメモしておきましょう。

reminder app

B.月額料金が初めだけ低い

月額2,726円~ と謳っていますがこの料金は初めの2ヵ月だけで、徐々に上がります。

broadwimax-monthly-price-change

それを考慮してもトータルで安い(月額3,656円)のですが、予め確認しておきましょう。

デメリット3.解約する時は違約金が発生する

多くのプロバイダーや携帯電話と同様に Broad WiMAXも37ヵ月目、など3年ごとのタイミングで解約しないと違約金が発生します。

違約金
1年目 28,500円
2年目 23,500円
3年目 19,000円
解約月 0円

併せて確認しておきましょう。

5.こんな人にオススメ

次のような人にBroad WiMAXがオススメです。

他社からポケットwifiを乗り換えてWiMAXを使いたい人
☑ 実質的に一番安いのが良い人
☑ 11カ月後のキャッシュバックが面倒な人

GMOとくとくBBも人気で大型キャッシュバックキャンペーンを常にしていますが、「11ヵ月後」に「専用のメールボックス」に「多くのDMに紛れて」キャッシュバックの案内が届くので忘れる人が多発します。

初めに他社の解約違約金を受け取れ、すぐにオプションをキャンセルできるBroad WiMAXの方が安心でしょう。

他社のポケットWiFiから乗り換える人

※解約違約金の負担が仮になくても、とくとくBBとの実質月額は100円差以内です。

こちら↓ タッチ

6.契約する前に確認すること

1.エリア

ご自宅のエリアを予めご確認ください。→こちら

WiMAXのアンテナは4万本あり、人口カバー率99%なのでほぼ間違いなく範囲内です。

<関東エリア>

<中京エリア>

<関西エリア>

サイト上だと大丈夫だったのに実際使おうとしたら電波が弱かった。。
という場合は8日以内はキャンセル無料です。

またWiMAXで電波が弱ければ他のWi-Fiルーターはほぼアウトだと考えられるので、自宅用は光通信に切り替えるのが良いかも知れません。

2.データ量

無制限で使えます。(ただし3日間で10MBまでの制限あり)

制限なしでたっぷり使える!

3.損をしない契約方法

☑ WEBで申込み
☑ クレジットカード払いを選択
☑ オプションに加入、端末が到着後に解約

この↓ 2オプションに初めだけ加入します。

初期費用無料のために有料オプション加入が必須

必要なければすぐに解約して下さい。

こちら↓から

7.BroadWiMAXのまとめ

Broad WiMAXが最もオススメできるプロバイダーであるのは総合的に優れているからです。

安いーーー実質料金で最安値

速いーーー圧倒的なスピードでイライラなし

すぐにーー最短当日発送で使える

安く便利なBroad WiMAX。

不正確な情報に流されず、皆さんのサクサク快適なインターネット生活を切に願っております。

こちら↓ から

 

タイトルとURLをコピーしました